宮城県地球温暖化防止活動推進員の紹介

荒井重行ARAI SHIGEYUKI

在住市町村/
栗原市
活動地域/
栗原市ほか
活動開始時期/
平成30年4月(第11期生)
対応可能な対象/
一般(主婦など)/学校
趣味・特技/
マラソン、自転車ツーリング、環境保全活動、茶道
所属団体/
細倉金属鉱業(株)勤務、MELON・水部会(会員)、NPO法人環境生態工学研究所(会員)、(社)日本水環境学会(会員)

環境問題に興味を持ったきっかけや理由

1992年地球サミット(ブラジル)での「持続可能な発展」という考えに共鳴して、さまざまな現場を見て体験を重ねて自分にできることを実践してゆきたいと思ったため。

これまでの主な活動実績

・市内中学2年生向けの総合学習での水の浄化実験(数回)
・市内の中学生向け地球温暖化問題の講演(一度)
・市内環境フェアでの温暖化防止啓蒙活動(数回)
・MELONの環境啓蒙イベントでの出展協力(数回)
・栗原市環境審議会委員(現在)
・国内外の植樹活動

関心ある地球温暖化対策のテーマ、得意分野

・省エネ型の水処理技術の開発
・市民向け啓蒙活動のイベント開催
・気候変動(大雨)に対する適応策、植樹活動

自己PR

水処理技術の技術開発に長らく携わってきました。
植樹活動で、海外ではケニア、ボルネオ島、国内では北海道から香川まで行ったことがありますが、最近は県内で、岩沼の植樹祭に参加しました。