宮城県地球温暖化防止活動推進員の紹介

三品茂子MISHINA SHIGEKO

在住市町村/
仙台市宮城野区
活動地域/
宮城県
活動開始時期/
平成30年4月(第11期生)
対応可能な対象/
企業/一般(主婦など)/学校
趣味・特技/
家庭菜園・ガーデニング
所属団体/
㈱三創 ソーラープロジェクトリーダー
   野々島ラベンダーjk&b 代表

環境問題に興味を持ったきっかけや理由

仕事の関係で使用する屋根材のカタログに雨水利用品を見つけたのがきっかけで雨水利用をするようになり「もったいない」にスイッチが入り生ゴミ堆肥作りや循環型ガーデニング実践。
「おひさまを活用しないのはもったいない」と太陽光発電を設置。
燃費の掛かる車の買い替えを期に電気自動車を愛用、自分が出来るエコを楽しく実践していました。
そんな中、うちエコ診断士資格を取得する際に知った地球温暖化の研究報告。
環境問題に何かしら役に立ちたいと強く思いました。

これまでの主な活動実績

1- 雨水利用イベント
・平成22年6月メディアテイクにて開催されたMelon総会時に、「雨水パッコン」取付説明と展示
・平成23年1月 夢メッセにて「東北らん展バラとガーデニングショー」にて 雨水利用ブース設置して事例紹介と展示

2- 電気自動車イベント
・平成28年11月~現在 年・2回 ㈱三創にて「電気自動車乗り比べ体験会」開催中

関心ある地球温暖化対策のテーマ、得意分野

雨水利用・循環型ガーデニング・電気自動車・太陽光発電・省エネ

自己PR

ガーデニングや家庭菜園に楽しみながら出来る雨水利用を提案します。
太陽光発電と電気自動車の活用で、「電気を作る・かしこく使う・電気で走る」を提案します。
今までの経験を活かし、地球温暖化防止のお役に立てるよう取り組んでいきます。