宮城県地球温暖化防止活動推進員の紹介

高橋 信行

高橋 信行TAKAHASHI NOBUYUKI

在住市町村/
大崎市
活動地域/
大崎市、石巻市、仙台市、気仙沼
活動開始時期/
平成21年4月(第6期生)
対応可能な対象/
一般(主婦など)
趣味/
趣味:海釣り、草刈り 特技:笑顔

環境問題に興味を持ったきっかけや理由

東京での職場が洋傘などレイングッズ・ショール・毛皮などの製造卸業だった
ことから、出張で関東各地を訪問する機会が頻繁にあり、自社製品がどのように
最終処分されているのか疑問がわき行政を訪ねては伺っていました。すると<地中
埋設処理>⇒土に埋めても分解する素材開発の必要性を痛感し、環境問題に取り組み
始めました。 それ以来、30年になりますかね!

これまでの主な活動実績

①環境学習:「親子三世代知恵のトライアングル」昔の道具を紹介しながら地球に
やさしい暮らしを考え、その知恵を高齢者から聞き取りして活かす授業。
②モノづくり講座:「端材工作教室」捨てられてしまう建築端材を活用して自由に
モノづくりに取り組み、廃棄対象素材を有効利用して創意工夫を楽しむ講座。
「竹と遊ぶ講座」敷地内の竹を切り出し、楽器や道具などを作り、飲み食べしな
がら少し前の暮らしを経験する体験会。
③生態系調査「おおさき生きものクラブ」共催事業:大崎市三本木『居久根の古
民家』1830坪の敷地を活用し、自然との共生生活を垣間見ながら、生物調査。
対象者:幼児から中学生くらい & 親子・兄弟での参加を促進中

関心ある地球温暖化対策のテーマ、得意分野

①電気・石油から《木質バイオマス利活用》の時代へ
②便利さ・速さを追求するのではなく、不便さ・のんびりさの中に潜む豊かさや楽しさを知る

自己PR

『わたしの山は気仙沼安波山、わたしの川は北上川、わたしの海は太平洋』
『わたしの父は福島県人、母は岩手県人、祖母は秋田県人、わたしは地球人』
『東日本大震災は<わたし>を変えた。石巻で被災、石巻高校避難所では《ヨソ
モノ・バカモノ・ジジイ》として避難所リーダーを7か月、その後推進員団体を
改組し、子ども子育て推進活動《寺子屋》を軸に石巻・気仙沼・仙台・大崎・時々
首都圏・関西圏で活動』