余り野菜で心も体も温まる保温調理♪

冬は野菜が甘くておいしい季節ですね!

今回は家の野菜庫や冷蔵庫に保管しいる余り野菜を使った「野菜とトマトと鶏肉のスープ」の保温調理のレシピを紹介します♪


「野菜とトマトと鶏肉のスープ」 10人分

材料

 ・鶏肉(胸肉):4枚 ※手羽元でも可
 ・キャベツ:半玉

 ・人参:中3本

 ・厚切りベーコン:2枚

 ・玉ねぎ:3個
 ・トマト水煮(カット):3缶(1缶400g)

 ・ブナシメジ:3株

 ・じゃがいも:3個

 ・パセリ・しょうが:少々

 ・にんにく:5片

 ・オリーブオイル:大さじ7.5

 ・塩・コショウ・しょうが、バジル:各少々

 ・コンソメスープ:5カップ ※コンソメ37,1g

 ・バター:10g

 ・白ワイン:25cc

 ・レモン:2個

 ・カマンベールチーズ—1ホール

 ・ブーケガルニ(パセリの茎、ローリエ、セロリの茎):1袋

■作り方

じゃがいもは厚さ5mmの半月切りにし、水にさらす。

玉ねぎは8分の1の半月切り。

ブナシメジ、キャベツ、ベーコン、ニンジン、カマンベールチーズはざく切り。ニンニク,パセリ,生姜はみじん切り。

鶏肉(手羽元でもOK)は2~3cmにそぎ切りに。

コンソメスープを規定量作り、温めておきます。

調理鍋にオリーブオイル、にんにく、しょうがを入れ弱火で熱し、香りがしたら鶏肉を焦げ目がつくまで炒め、ニンジン、ベーコン、玉ねぎ、ブナシメジを加えて、ジャガイモをさらに炒めます。

キャベツ、缶詰のトマト、ブーケガルニ、白ワイン、②のスープ、バターを加え10分加熱します。

アクを取る。

保温調理をするためにバスタオルを先に敷き、その上に新聞紙を十字になるように交互に敷きます。

その上に鍋を置き、新聞紙、バスタオルの順番で鍋を包み、45分間保温します。

塩・こしょうで味を調え、パセリ、バジルをふり、カマンベールチーズを乗せ、レモンと一緒に皿に盛ります。完成♪

※バスタオルがないときは、マフラーや毛布、フリースなど身近にあるものを使っても十分熱は伝わりますよ。

保温調理は、じっくり熱を伝えてお肉が柔らかくジューシーに仕上がります。

余り野菜であればなんでも入れて、食品ロスを防ぎましょう♪

<MELON事務局 菅田>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です