第66回仙台市社会学級研究大会 で活動紹介展示

第66回仙台市社会学級研究会で気候変動の展示をしました。

日時:11月26日(木)
場所:福祉プラザ ふれあいホール

環境出前講話キリバス編が第66回仙台市社会学級研究大会の中で基調講演として実施されました。講師のケンタロ・オノさんはその後のシンポジウムのパネリストとして参加されました。コロナ禍の中100名以上の方が集まり大きな会場で開催されました。
 ストップ温暖化センターみやぎは講演会会場に併設された団体の活動報告コーナーで「気候変動のポスター」や脱炭素社会に向けてのニュース記事を展示しました。講演会後だったためか熱心に展示を見入る方が多かったです。

基調講演をするケンタロ オノ氏

 仙台市社会学級研究会とは仙台市が各市立小学校に開設している社会学級の学級生が、学級相互の連絡提携をはかり、各学級におけるのぞましい運営や当面する共通問題などについて学習し、社会学級の発展を期する事を目的に1955年(昭和30年)に結成されました。

今回のテーマはSDGsが多くみられ、関心の高さが窺えました。

(スタッフ:三浦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です