SDGs環境出前講話・キリバス編~東北外語観光専門学校

10月12日(火)、SDGs環境出前講話・キリバス編を東北外語観光専門学校で行いました。今回は1年生のみなさん約100名が参加されていました。

講師のケンタロ・オノさんは子供の頃に見たキリバスが見たいと、高校1年生で単身キリバスへ。当時の苦労やキリバスの魅力について、熱く語ってくださいました。言語の壁に悩んでいたケンタロさんの経験は、グローバルに精通する東北外語観光専門学校の学生さんたちに響いていたように感じます。

講話の後半には環境問題を中心にお話いただきました。 キリバスは温暖化ガスをほとんど排出していない国ですが、地球温暖化の影響をその他多くの国よりも受けてしまいます。 キリバスに暮らす幼い子供たちの命、美しい自然が失われている現状は、私たちの行動とつながっているのです。

学生さんたちは終始真剣な様子でお話を聞いていました。今年沖縄から来た学生の一人が、感銘を受けた様子でとても印象的でした。

キリバスのことを愛しているケンタロさんの言葉によって、今まで少し遠くに思えた環境問題がより身近になりました。自分のこの行動が誰かに影響を与えてしまっているという意識をもって過ごすことが重要だと感じました。キリバスの魅力に触れ、楽しく聞きつつもとても考えさせられる講話で、ぜひ多くの人に聞いてほしいと思いました!!

CSOラーニング生 原子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です