15期生 地球温暖化防止活動推進員候補者研修を開催しました!

 10月26日(土)、地球温暖化防止活動推進員候補者研修が行われました。
現地とZOOMでの開催で、16名の方たちに参加いただきました。

 15期生、初の顔合わせということでアイスブレイクから始まりました。
「出身はどちらですか?」「携帯はiPhone派?android派?」など、お互いを知ることで、徐々に 穏やかな雰囲気へとなっていきました。

 次に講師のケンタロ・オノさんからお話ししていただきました。キリバスの現状と原因となっている私たちの行動について、深く考える機会になりました。近年、発生している台風や大雨は私達自身の行動が原因になっているケースが多く、それらを自分事として捉える重要性を再認識しました。

 

 続いて環境省 東北地方環境事務所 の金 鋼一 さんと 岡内 啓悟 さんからお話しいただきました。カーボンニュートラルを目指し、私たちが選択するべき行動は何なのかについて、具体的に示していただきました。
 エコ住宅であるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、消費エネルギーよりも創るエネルギーが大きくなる住宅を目指すものです。私たち自身がより良い行動は何かを考えて、選択していく必要があると感じました。

 

 最後に宮城県環境生活部環境政策課の加川さんから、宮城県の取り組みを中心にお話しいただきました。推進員活動やうちエコ診断など、私たち自身が環境について考える機会は身の回りに存在していると感じました。
 うちエコ診断では具体的な取り組み例や市内での温室効果ガス排出量ランキングが出てきます。数字として認識することで、環境への意識を高めることができるのではないでしょうか。

 候補者の方たちからも積極的に質問などが出て、お互いの理解を深めていくことができていたように感じます。また、今回の研修では地球環境やその対策の現状、具体的な行動、宮城県の政策を知ることができたと思います。
 さらに研修を重ねていき、推進員として環境について伝えることのできる人が増えていくことで、カーボンニュートラルの実現につながると感じました。

CSOラーニング生 原子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です