キリバスSDGs学習・意見交流会~仙台市立中野栄小学校

仙台市立中野栄小学校6年生では、昨年度に引き続いて今年度も、「キリバスSDGs学習」に取り組んできました。ケンタロ・オノさんによるSDGs環境出前講話~キリバス編を核として、SDGsについて子どもたちが調べて交流する約13時間分の教科横断的な学習プログラムです。

子どもたちはSDGsの17の目標から一つを選んで調べ、その内容と自分の考えを意見文としてまとめました。1月14日(金)は、意見交流会です。ケンタロ・オノさんと小野ジョン正雄さん、MELONスタッフの3名がゲストとして参加してきました。

違う目標の意見文を書いた人たち同士で集まり、選んだ目標について調べたこととそれに対する自分の意見を発表し合いました。 ケンタロさんには、意見を発表し合う各グループ を回ってもらい、目標同士のつながりに焦点を当ててアドバイスをしてもらいました。

その後、クラス全体でSDGsの17の目標のつながりを話し合っていきました。子どもたちから次々と意見が出されて、どんどん目標同士がつながっていきます。最後は、すべてがつながりました。ケンタロさんからは、「みなさんは、すごい!」というお褒めのことばをいただきました。

次は、自分たちの行動を考えていくそうです。持続可能な社会の創り手となる子供たちの姿が見えた授業でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です