MELONブログ

2023年度 うちエコ診断@みやぎ生協 2/28~

2月、3月はみやぎ生協5店舗にて、うちエコ診断出張サービスを開催します。
各ご家庭にあった省エネ対策について「うちエコ診断士」がご提案いたします。
お買い物のあいまに受診してみませんか?所要時間は15~20分程度、無料です。
おさいふにも環境にもやさしい省エネ、節電はやって損はありません!
受診された方には、宮城県のアプリ「ecoチャレンジみやぎ」のエコポイント25Pが付与されます。

「ecoチャレンジみやぎ」はこちら>>>ダウンロード

<うちエコ診断とは?>
うちエコ診断は、環境省の「うちエコ診断ソフト」を用いた家庭向けのエコ診断です。
各家庭の年間光熱費や機器の使用時間などの住まい方情報をもとに、うちエコ診断士が専用ソフトを用いて、エネルギー消費の現状を見える化したうえで、無理なくできる省CO2・省エネ対策を提案します。当団体での診断実績は1200件以上!

詳しくはこちら>>>うちエコ診断

<開催場所と日程>
■2024年2月28日(水)、29日(木) みやぎ生協 白石店MoreCoop 詳しくはこちら>>>チラシ
■2024年3月6日(水)、8日(金) みやぎ生協 塩釜栄町店MoreCoop 詳しくはこちら>>>チラシ
■2024年3月13日(水)、14日(木) みやぎ生協 愛子店MoreCoop 詳しくはこちら>>>チラシ
■2024年3月18日(月)、19日(火) みやぎ生協 利府店MoreCoop 詳しくはこちら>>>チラシ
■2024年3月25日(月)、28日(木) みやぎ生協 明石台店MoreCoop 詳しくはこちら>>>チラシ

みやぎ生協 白石店 MoreCoop

▲TOP

「仙臺農塾 大人のための食育プロジェクト 仙台の冬限定・せりのよもやま話」開催!

 2/16(金)、びすた〜り榴ヶ岡にて、大人のための食育講座「仙臺農塾」を開催しました。
 今回の仙臺農塾は、講師がコーディネートした飲食店にて、地元食材を使った料理を味わいながら「食のサステナビリティ」について学べる講座です。誰もがとっつきやすい「食」という観点から、気候変動や生物多様性などの環境課題について考え、行動することを呼びかけるために開催されました。

●日時:2024年2月16日(金) 18:30~20:00
●場所:びすた〜り榴ヶ岡(仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 みやぎNPOプラザ1階)
●講師
 三浦隆弘氏(三浦農園/MELON理事)
●参加者21名

 
 はじめに三浦農園のせり栽培の様子や田んぼの生態系の動画を視聴しながら、三浦さんの「せりのよもやま話」が始まりました。
「環境に配慮してせりを作ることによって、田んぼがハクセキレイなどの鳥のえさ場になったり、田んぼの中の生物が有機物を蓄積してくれるおかげで、美味しいせりができる。」と語る三浦さん。
 農業が自然と調和していくことで、自然も農業に応えてくれて、味良し見目好し体に良し、かつ持続可能な作物が採れるのだなぁと思いました。

 動画を視聴した後は、仙台せり鍋のムーブメントのお話もしていただきました。「美味いものが食べたければその地域に来てほしい」という考えをモットーに、首都圏への市場流通はせず、仙台市域を中心にせりを出荷する三浦さん。2009年ごろから本格化したせり鍋ムーブメントは、俳優やアーティストによって紹介されたこともあり、老若男女に親しまれる仙台の名物として定着していったそうです。
「今まで仙台の名物で地場産の材料を使用したものはなかったので、せり鍋は材料も地元で採れる初の郷土料理となりました。このように地域で採れたものをその場で展開することは、各地域のローカルプライドに繋がります。仙台せりのような資源は各地域にあると思うので、それらを活用してそれぞれの場所での名産をつくっていってほしいです。」と三浦さんは語ります。

 お話のあとはいよいよ三浦さんのせりを使ったコース料理のお時間です。前日に収穫したせりをふんだんに使った品々は、どれも素敵でした。作られた背景を知り、三浦さんの想いを聞いた後で頂いたせりは非常に美味しかったです。このように地元の農産物を地域で楽しみ、そのような食材を介して、人と人との新たな繋がりが生まれることに、大きな希望を感じました。

 有機栽培で作ったせりを介して、有機的なコミュニティが創られた今回の仙臺農塾でした。

(文:ストップ温暖化センターみやぎ事務局 時任)

▲TOP

3/26(火)「SDGsの視点で水環境を学ぶ入門講座」【詳細はこちら】

午前は、水環境問題のトピックスとそのしくみを学び、
午後は、広瀬川に移動し、水質調査・水生生物の調査方法の実践を行います。
意見交換やネットワークづくりにもご活用いただけます!

【日時】2024年3月26日(火)10:20~15:00
   ★昼食は各自ご準備ください。午前のみの参加も可能です。
【場所】
 10:20~12:15東北工業大学一番町ロビー2階ホール(青葉区一番町1丁目3-1)
 13:10~15:00広瀬川霊屋橋下流河川敷(仙台市青葉区米ケ袋3丁目付近)
【講 師】
 石橋良信(東北学院大学名誉教授)
 山田一裕(東北工業大学教授)
【対 象】小学校~高校の教員、NPOや団体の方、水環境学習に関心のある学生・一般の方
【参加費】無料
【定員】15名(〆切3/8)

▼お申込みはこちらから
https://forms.gle/kFVzqG5f3ev6No6C6

▼チラシのダウンロードはこちらから
https://www.melon.or.jp/wp/wp-content/uploads/2024/01/20240326mizu.pdf

【主 催】MELON
〒981-0933 仙台市青葉区柏木1-2-45 フォレスト仙台ビル5F
TEL:022-276-5118 FAX:022-219-5713 Email:melon@miyagi.jpn.org


▲TOP

クロネコヤマト環境教室~仙台市立長命ケ丘小学校

2月20日(火)、SDGs教育プロジェクトの支援校である仙台市立長命ケ丘小学校5年生でヤマト運輸さんによる「クロネコヤマト環境教室」をクラスごとに行いました。宮城県では初開催となりました。

はじめに、ヤマト運輸のマークの紹介から入り、「1日に取り扱う荷物の数」や「今日、仙台から静岡の祖父母へ送った荷物がいつ届くか」などで子供たちの関心を高めていました。

環境についてのクイズでは、地域共生や環境をテーマとしてきた子供たちですので、「知っているよ」という反応の子もいました。ヤマトのクイズでは、「どれも正解じゃないの」という声が聞かれました。
講話を聞いた後は、環境への取り組みを個人で考えてグループで意見を出し合い、全体でまとめました。ふだんから話し合いを重ねてきているので、とても慣れた様子でした。

長命ケ丘地区で活動をしてきた子供たちですので、今日、出た意見もきっと実行に移すことでしょう。
スペシャルゲストで、キャラクターの「クロネコ・シロネコ」が登場し、ひときわ大きな歓声があがっていました。

▲TOP

仙台市立長命ケ丘小学校「丘の子学習発表会5年生の部」

2月16日(金)、SDGs教育プロジェクトの支援校である仙台市立長命ケ丘小学校の「丘の子学習発表会5年生の部」に招待されて見てきました。学校外部の方を招くのは久しぶりだそうです。午前は5年生の単独発表にもかかわらず、多くの保護者が見に来ていました。

テーマは、
「私たちのWBC2023地域共生、未来の長命に向かって」
です。WBCとは、World Balance Challengeの頭文字だそうです。総合的な学習の時間で取り組んできた「地域共生」を中心とした発表です。

全体、そしてグループで取り組んできたことの内容を聞いて、全体像がよく分かりました。予定していたこと、考えていたことができなくなって変更したこともあったそうです。取り組みの発表の合間には、合唱「君をのせて」と「大切なこと」の2曲がありました。とてもきれいな歌声で癒されました。

最後は、6年生への誓いを全員が話して、「ルパン3世」の合奏です。アンコールがあり、さらに、合奏の見送りもしてもらいました。
実に1時間の発表!中身の濃い時間を過ごすことができたとともに、子供たちの1年間の成長を感じました。
これからも、子供たちは地域に積極的に関わっていくことでしょう。

▲TOP

1 2 3 89

MELONの旧ブログへはこちら