MELONブログ

東日本大震災から10年—MELON会員のみなさまへ

MELON理事長 長谷川 公一

 毎年3月11日が近づくと厳粛な気持ちになります。 

 今年はとくにちょうど10年の3月11日です。

 しかも2月13日夜11時頃の大きな地震は、あたかも10年前を忘れるな、風化なぞ許さないぞ、という「天の声」のような強い揺れでした。

 発災直後ランドセルを学校に残し、内履きのズック靴のまま帰宅した小学5年生の息子は既に大学生です。当時の大学4年生は32歳前後。中堅・若手としてそれぞれ活躍しています。生まれたばかりの赤ん坊は小学4・5年生。10年は個々人にとって、これだけの重みのある時間です。ましてや家族や親族、友人を亡くされた方々、家を失って長期の避難生活を余儀なくされた方々にとっては、この10年はどんなにか重苦しい、長い時間だったことでしょう。

 あたかも「戦場」のような、「焦土」のような被災現地をまのあたりにして、その衝撃の中で、連日のように続く余震の中で、多くの人々が、今度こそ日本社会の再生だ、地域社会の本当の再生だと、夢見たのではなかったでしょうか。

 犠牲の大きさに比して、被災者・避難者が、地域社会が得たものは何だったのか、と反芻せざるを得ません。私達、みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)も、もっともっと被災地のために貢献すべきこと、提言すべきことがあったのではないか、とも反省させられます。

 被災地の〈持続可能な未来〉のゆくえは、まだまだ不透明です。コロナ禍の出口もまだ不透明です。マスク越しにしか言葉を交わせない、オンライン画面上でしか会いがたいがゆえの焦燥感は否定できません。例年になく積雪の多いこの冬でしたが、雪割草や節分草が咲き出しました。春は確実に近づいています。

 震災直後のそれぞれの決意を思い起こし、地域のために、私達の足元のために、自分たちに何ができるのか、あらためて思いを巡らす、この3月11日にいたしましょう。

▲TOP

「夢実現」Never Say Never! 環境出前講話 宮城県柴田高校

2月12日(金)
宮城県柴田高等学校
環境出前講話キリバス編 
講師:一般社団法人日本キリバス協会 代表理事 ケンタロオノ氏

 コロナ禍で暗いニュースが続くなかで明るい話題が1月末に宮城県に届きました。宮城県柴田高等学校・野球部が創部35年目にして、甲子園出場です。話題の高校での環境出前講話でした。

 参加した3年生はオノさんの一言一言を熱心し聞いていました。

 キリバスの言葉・生活、そしてプライベートまで多岐に渡っての質問がありました。オノさんは世界で11万人しかしゃべらないキリバス語とキリバスの教育機関で使用されている英語の2か国語を披露されました。

 柴田高校は「夢実現」never say never! を合言葉にスポーツを通じて人格形成に取り組んでいます。講演前に土生善弘校長より同校のスポーツ功績を伺いました。

 やはり、この写真で締めさせていただきます。

スタッフ記

▲TOP

海洋プラスチックは?! 環境出前講話:宮城県小牛田農林高校

環境出前講話:海洋プラスチック
講師:環境系学生団体「海辺のたからもの」代表 
   畠山紳悟氏
1月21日 
宮城県小牛田農林高等学校
3年生(地理B科目選択者)

 現役大学生が講師となって、高校3年生にレクチャーを行いました。講師である畠山紳悟さんはボランティアとともに宮城県内の海岸のビーチクリーンをしながら、研究を行っています。海洋プラスチックとは何かを考えてもらいたいとの目的で、海岸で拾った海洋ごみ・プラスチック小袋を参加者全員に配布しました。これらは十分に洗浄してあります。(1番上の写真)

 じっくり観察、袋の上から触っています。

 小袋に入っているプラスチックは海岸で拾われた時には細分化・劣化が進み原形を留めていません。ここから、小さな破片が元は何を推測していきます。

 答えを推測する過程で生徒から質問があります。「どこで使われていますか?」「身の回りで見ることがありますか?」などなど。

 じっくり観察、講師との質問と回答のキャッチボールをしながら、考察していました。そして、ぴたりと正解にたどり着きました。「川から流れて海に行くもの?」「春から夏におおい」のヒントから、どこから川に行く→田んぼ→「肥料」と推測しました。見事な推理の流れに脱帽でした。

 深く推理をしている時間は静かでありながら、とても神聖な時間に感じました。

スタッフ記

▲TOP

ストップ温暖化センターみやぎ20周年記念誌

2000年5月から始動した「ストップ温暖化センターみやぎ(宮城県地球温暖化防止活動推進センター)」。

2020年5月に20周年を迎え、設立20周年を記念する冊子が完成しました!

設立当時の様子や今までの活動等、センター20年の歩みをぎゅっと詰め込んだ記念誌となっております。

下記よりPDFデータがダウンロード可能です!

ストップ温暖化センターみやぎ20周年記念誌

  ● 全ページ 【2.96MB】

 ・ 組織概要 【624KB】

 ・ 目  次 【597KB】

 ・ 挨  拶 【893KB】

 ・ ご 祝 辞【616KB】

 ・ ストップ温暖化センターみやぎ20年間の活動のあゆみ 【1.23MB】

 ・特集・特別対談 【2.12MB】
  「設立時に込められた“想い”からストップ温暖化センターみやぎの役割を見つめ直す」

 ・寄稿:ストップ温暖化センターみやぎ 初代センター長 北條 祥子氏 【1.36MB】

 ・宮城県地球温暖化防止活動推進員-県全域に広がる活動のネットワーク! 【1.63MB】

 ・ エコdeスマイルコンテストinみやぎ-コンテストで地域に根差した活動を発見!/ 寄稿:MELON 職員 亀崎 英治 【2.81MB】

 ・ COP等の世界の動向に関する事業-国際会議の動向を県民へ発信! / 寄稿:ストップ温暖化センターみやぎ 副運営委員長 阿部 育子 【1.49MB】

 ・うちエコ診断事業-各家庭の状況に応じた具体的な省エネ方法をご提案! 【1.62MB】

 ・キリバス環境出前講話事業-私たちに何ができるのか考えよう! / 寄稿:一般社団法人日本キリバス協会代表理事 ケンタロ・オノ氏 【2.39MB】

 ・コラム「未来のために~気候変動の影響への適応」 【862KB】

 ・インターン生からのコメント 【832KB】

 ・北海道・東北ブロック地域センターについて / 寄稿:一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 秋元 智子氏、公益財団法人北海道 【1.42KB】

▲TOP

南極を知ろう!in 槻木小学校

環境出前講話 南極を知ろう編
講師:石井洋子氏(第49次日本南極地地域観測隊、
         元気象庁職員、宮城県地球温暖化防止活動推進員)

2月4日
柴田町立槻木小学校 5学年生
  

 始まりは南極クイズ!南極にあるものは?

    質問に答える児童、奥でテレビカメラが撮影している

南極の氷の厚さ:4.776m!富士山(3.776m)よりもある!さらに面積は日本の約3.7倍などの南極大陸の紹介がありました。


         ペンギンのスライドに見入る児童

南極観測のお話が続きました。

この日はテレビ3局の取材があり、インタビューに答える姿がありました。

 多数の質問がありました。例えば「体感温度の変化はありましたか?」とか。
 関心の高さがうかがえました。

スタッフ記

▲TOP

1 2 3 27

MELONの旧ブログへはこちら