産業廃棄物の最終処分場を見てきました!【4R推進部会】

【日にち】7月29日(木)
【見学先】株式会社ジャパンクリーン 管理型最終処分場
【見学者】4R推進部会メンバー

仙台市は今、「省エネ家電買い替えキャンペーンを実施中!
また中小企業者などは更に、「省エネ設備等導入支援補助金がもらえる!」
ということで、「なるほど~、もし自分にお金や土地がいっぱいあれば、冷蔵庫とかクルマとか太陽光とか、新しいのを買うと家計にも地球にも良いことなんだね~。」「でも、買い替えた古いモノって、そのあとどうなるんだろう?それって本当に地球にやさしいことなのかなあ?」そんな疑問を持ちながら、7月29日の最終処分場見学会に参加しました。

リサイクルしきれなかったゴミは、最終処分場に回して埋め立てるしかありません。今回4R部会がお邪魔したのは、青葉区芋沢にある株式会社ジャパンクリーンさんの「管理型」産業廃棄物最終処分場です。
「管理型」というのは、従来あったような「えっ、大丈夫?」という施設とは大きく異なり、収集から最終処分、更には排水の浄化に至るまで一貫した体制を確立した、まさに「サスティナブル(持続可能)!」な仕組みのことです。

杉澤社長の熱意あるお話を聞いた後に、まだ空っぽ状態の第Ⅱ期処分場や水処理施設の見学、その放水路にいた沢ガニの発見と、聞くこと見るものすべてが「納得・安心」できるものばかりでした。地域住民や自然との共生を第一に考えるジャパンクリーンさんの企業努力には、本当に頭が下がる思いでした。

まだ空っぽの最終処分場
水の浄化システムにつてお話を聞いている様子

4R部会がお勧めしている「生ごみ堆肥」も、今回の「管理型」と同じように空気を循環させることで好気性が保たれます。そんな共通点も知ることができ、とても有意義な一日を過ごせました!

(4R推進部会 あぜの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です