『地球温暖化防止活動推進員から』  PART4

MELONでは、地球温暖化防止活動推進員からご意見をいただき、紹介させていただいております。今回は、その4回、第7期の稲田 陽一さんです。

 気候変動とは? 地球規模の気温、気候の変化の事です。
地球温暖化や自然災害などの様々な影響を生じさせます。
 日本においては、年平均温度が1898年~2014年で100年あたり約1.15℃の割合で上昇しています。
 地球温暖化のメカニズムは、大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスの温度が上昇することにより、地表面の温度が上がることです。
 温室効果ガスの二酸化炭素が、地球温暖化にとって最も大きな影響を及ぼします。
地球温暖化により以下の影響があります。
・農業への影響(米の品質低下、みかん、りんごの主力生産地の変化
による生産高の減少。)
・洪水によう水害リスクの増大。
・海面上昇による高潮のリスクの増大。
・熱中症が65歳以上で増加。
・主要港がある地域で漁獲量が増減。
・対策が不十分な場合の土石流や地滑りの発生。
もうすでに身近に発生している問題です。

【事務局 山形】
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です