薬草利用で大切なこと

昨年度「ネイティヴと学ぶ環境学習会」でも大変お世話になった名取市図書館は毎月1回ナイトライブラリーを開催しています。
新型コロナウイルスの影響で2ヶ月ぶりの開催となった今回の講師は何と!

宮城県地球温暖化防止活動推進員である今野勇さんでした!

今野さんは地球温暖化防止活動推進員だけでなく 薬剤師で日本薬用植物友の会副会長 でもあります!
そんな今野さんは今回「 道端の薬草~薬草利用の基礎知識~ 」についてお話してくれました!(スタッフは参加者としてお話を聞いてきました♪)

ニラも薬草に入るとのこと。知らなかった…。
薬草はその名の通り体に良いものとされていますが十分に気をつけなければいけません。
なぜなら、よく似た植物があるから!毒草の場合もあるそうなので十分観察し、採取することが大切なんですね。

また、採取する際は、必要な量だけ、自然から分けていただく気持ちが大切と今野さんはお話していました。
それこそ、持続可能な社会のための意識ですね!

名取図書館のFacebookでも当日の様子が掲載されていますのでぜひチェックしてみてください!!

(ストップ温暖化センターみやぎ 吉田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です