学都「仙台・宮城」サイエンスデイ2019で講座開催!

7月14日(日)9:00-16:00
東北大学川内キャンパス
推進員企画:講義「地球温暖化とハンバーガー」、これってどうつながるの?
宮城県地球温暖化防止活動推進員グループ「コミュニケーターチーム」
佐藤俊彦、門間智史、後藤健一
当日補助:上条隆三

推進員 後藤健一氏による講座風景

講座は4回開催されて延べ63名の方々(子ども含む)が参加しました。温暖化の仕組みから始まり、影響などを分かりやすくするため映像を交えて解説をしました。そして、CO2(二酸化炭素)の排出量の削減が温暖化防止になることを理解した上で、ハンバーガーの材料がいかに温暖化と関わりがあるかじっくりとクイズをしながら踏み込んでいきました。

 最後に参加者はエネルギーのカバンを持つことで、エネルギーをどのぐらい消費しているかを実感していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です