第2回宮城県地球温暖化防止活動推進員研修会

第2回宮城県地球温暖化防止活動推進員研修会の実施概要:

2021年1月30日(土) 13:30~15:30
フォレスト仙台 第7会議室
会場16名、ZOOM15名


発表者:一般社団法人日本キリバス協会 代表理事 ケンタロ オノ氏
    東北大学 理学部教授 須賀利雄
    プログラム実施者 亀崎英治(スタッフ)

   

 2020年4月から新学習指導要領に「児童が持続可能な社会の創り手となること」が明記されたのを機にキリバス環境出前講話をSDGs学習プログラムに組み入れ仙台市立中野栄小学校にて実施した。その学習プログラムの意義、結果報告、関係者による対談を行った。

教師経験者だからこそ分かる新学習指導要領のポイント解説と外部団体が支援する「持続可能な社会の創り手」の育成SDGs学習プログラムの意義と実践報告を行った。キリバス出前講話の講師であるケン タロオノ氏と東北大学理学部の須賀利雄教授が加わり、異なる立場から3人でSDGs学習プログラムの意義等を対談した 。

SDGs学習プログラムの実施報告をまとめた冊子

 後日、各推進員には報告書が配布された。

スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です