カフェ・ギャラリー「彩りの南極」

日に日に気温が下がり、すっかり冬の天気になりましたね。

今日は北四カフェ・ギャラリーGranny’sで、世界で最も気温が低い大陸「南極」についてのお話を聞いてきました。

お話してくださったのは、第49次日本南極地域観測隊に気象担当として参加・越冬した経験がある、石井洋子さん。現在は南三陸に暮らし、自然にやさしい持続可能な生活を目指しています。

北四カフェ・ギャラリーGranny’sには、石井さんが南極で撮影した、色とりどりの美しい写真が並びます。

自然が作り出す雪面の模様、日本では見られないような空の彩り、かわいらしいペンギン、、、写真一つ一つが、人の手が加わっていないありのままの地球をとらえていて、一枚、また一枚と見ていくうちにどんどん心が惹きこまれました。

南極ってどんなところだろう、きっと自分の目で見たらもっと感動するんだろうなあ、とか考えながら写真に関するお話を聞いていたら、あっという間に2時間が経っていました。

私もいつか南極に行ってみたい!と、南極への憧れの気持ちが生まれました。笑

石井さんは現在、南極とは対極といえる「豊かな」風土の南三陸で、持続可能な暮らしを目指してさまざまなことに取り組まれています。

例えば、

上の写真は、薪を使ったエコなストーブ「ロケットストーブ」です。家での調理には、すべてこのロケットストーブを使っているようです。

他にも、

個人的に詳しくお話を聞きたいと思ったのは、ヒツジの毛を使った帽子、革を使った小物づくりについて。自然の動物の命を余すところなく使うというのは、大切な精神ですし、とっても素敵です!

2月15日には、勾当台公園で薪ストーブ展示・体験フェスタが行われるのですが、そこで石井さんに講師をお願いする予定です。

ぜひチェックしてみたください。^^

 インターン生 東北大学農学部 小笠原千夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です